ピレリによる可動性の向上

技術により安全性、保安性、安心感を保障するというコンセプト

ここ数年、自動車業界は「パンク」時でもパフォーマンスと安全性を保つことができるタイヤに注目し、投資しています。

最大の利点は空気圧が無くたった場合でも可動性があるという点です。

トータル的な可動性のレベルを得るため、ピレリは2つの異なる技術を開発しました。シールインサイドという、タイヤの内部にもう1つ裏地を設け、タイヤが自己封止を行うおちう自己封止技術と、ランフラットというタイヤ内に固いサイドウォールを設けタイヤに自立させる技術です。

ピレリのシールインサイド

ピレリのシールインサイド技術は、パンク時にあなたのクルマを安全走行させる可動性向上の新しい技術です。

動画を見る

パンク時の制御

ピレリの自己封止型タイヤはあなたのクルマを安定させ、安全に運転を続けることを可能にします。安全運転と運転の楽しみを次のレベルへ:パンクしたとしても車の制御を完全に保ち、運転を続けることができます。 

安全性

シールインサイド技術は、タイヤ圧が失われる事故のほぼ85%である、外部の物体によるタイヤのパンク時でも、空気ア圧を失うことなく走行することを可能にします。

保安性

シールインサイドタイヤを使えば、山道や街の危険な地区で立ち往生することはありません。単に家に帰ることができます。

安心感

シールインサイド技術は、車で安全に使用されるための専用のリムやTPMS(タイヤ圧モニターシステム)を必要としません。タイヤサイズに応じてどのような車にでも使用できます。

主な特徴

+
+

技術

ピレリの自己封止タイヤは封止層材からなり、タイヤ内のトレッドパターンに対応するエリアに設けられています。パンク時には、外部からの異物が刺さったままどうかに関わらず外殻からの空気漏れを気密に封止します。

+
+

材料

シールインサイドは、瞬時に穴に対応し、素早く効率的に働くので、多くの場合、ドライバーはパンクしたことにも気が付かないでしょう。

+
+

使用例

シールインサイド技術は、車で安全に使用されるための専用のリムやTPMS(タイヤ圧モニターシステム)を必要としません。タイヤサイズに応じてどのような車にでも使用できます。

シールインサイドタイヤの働き

ランフラット

ピレリのセルフサポーティングランフラット技術:タイヤに空気が入っていなくても車の制御を維持し、走行を可能にする技術です。

空気圧が無い状態での運転

ピレリのセルフサポーティングランフラット™タイヤは、路上での安全と運転の楽しみへの最も包括的なアプローチです。あなたのクルマやSUVの安定を維持し、最高速度時速80キロ(50mph)で80キロ(50マイル)を安全に走行できるように設計されています。

安全性

パンク時には、セルフサポーティングランフラットタイヤは車を安定させて対応し、車のコントロールを維持します。

保安性

もうパンクしても、山道や街の危険なエリアに立ち往生することはないでしょう。そのまま家に帰ることができます。

安心感

すぐにパンクをしたタイヤを交換する必要はありません。.まず家に帰り、それからタイヤを交換して下さい。あなたとあなたの家族の安心のためにタイヤがパンクしても飛行機に乗り遅れたり、大事な用事を諦めることはありません。

主な特徴

+
+

技術

ピレリのセルフサポーティングランフラット™タイヤは、最高レベルの品質と信頼性を備えた最終結果を保障するコンピューター予想に全体的に基づく革新的なピレリMIRS™ 生産プロセスの結果です。

+
+

使用例

スペアタイヤが要らないということは、自動車会社にとって開発の自由度増加、軽量化を意味し、エンドユーザーにとってはトランクのスペースが広くなることになります。

ランフラットタイヤの働き