Pirelli

冬 の ドライブ

制御性は常にピレリにとって最優先事項です。当社のエンジニアのイノベーションに対する情熱と、他社にはないF1®で培った経験、それらがピレリタイヤが一般道での高い制御性を誇る理由です。

なぜピレリのウインタータイヤを使うのでしょう?

濡れた道路や雪の場合、そして、乾いた路面でも、外温が低い場合は、低温時の使用に特別に設計されたウインタータイヤは、サマータイヤと比べより安全です。サマータイヤは、低温ではグリップが低下します。一方、ウインタータイヤは、特別な成分を含んでおり、高いグリップ力を発揮します。
高い排水レベルを有し、ハイドロプレーニングのリスクを回避します。ハイドロプレーニングは、路面が湿っている場合や水たまりがある場合に起こりえます。これは、タイヤが水を弾けず、車が「浮いた」状態になることです。
7℃以下の温度では、サマータイヤと比較して、ウインタータイヤではブレーキ制動距離は湿った路面で10%、降雪時には20%短くなります。
冬が始まった時に装着した場合、革新的な技術に基づいたウインタータイヤは路面が乾いていても、湿っていても、雪が降っていても、最大の制御性を維持します。 法律では、スノーチェーンでもよいとされています。しかし、スノーチェーンは、車内で大きなスペースをとり、運転時には速度は時速50キロに制限され、騒音が大きく、乗り心地もよくありません。
同じ速度において、7℃以下の条件ではウインタータイヤはどのような道路コンディションでも高いパフォーマンスを発揮します。高いグリップにより、高いレベルのトランクション、安定性、ブレーキ性能が発揮され、素晴らしい乗り心地が得られます。
ウインタータイヤを使えば、秋から春にかけて天候に悩まされずに運転できるでしょう。

ウインタータイヤ

ウインタータイヤのタイヤ圧をチェック

ウインタータイヤについては、温度変化によりタイヤ圧が低くなるので、0.2バール圧を上げることを推奨致します。運転時の熱がタイヤ圧を変えるので、車を使用する少なくと30分前の冷たい状態でタイヤ圧を測定することをお勧めします。ウインタータイヤの点検は、何か外傷があった後(例えばタイヤが何かにぶつかった後)だけでなく、少なくとも一ヶ月に一度行って下さい。

タイヤの寿命

ハイウェイ規則と欧州の関連規則では、トレッドの深さが1.6mmより浅くなった場合はタイヤ交換をしなければならないことになっています。

耐久性

使用しない間のウインタータイヤは、できれば空気を入れたまま、リムを付けた状態で保管し、タイヤ圧を定期的に検査して下さい。少なくとも10cmほど床から離して棚に縦に並べ、側面を立てた状態にして性能に影響がでないようにするのが、最良の保管方法です。

winter tyre maintenance

ウインタータイヤについてのアドバイス

winter tips smoot movements
winter tips four winter tyre
winter tips check speed limit
winter tips tyres rotation
winter tips check the tread
winter tips store carefully

スムーズな運転

湿った路面や雪の路面でのグリップを低減してしまう急な加速やブレーキは避けましょう。急ハンドルを切るのも避けましょう。

常にウインタータイヤを4本使用して下さい

運転時の高いパフォーマンスと安全性を確保するため4本とも同じウインタータイヤにする必要があります。常に同じブランドの同じ設計性能のウインタータイヤを4本装備して下さい。

制限速度を確認しましょう

タイヤの外側に示された制限速度に注意して下さい。法律に定められた速度より低い速度が提示されたウインタータイヤを使用することができます。

タイヤのローテーション

タイヤをローテンションすると、摩耗の度合いが均一になり耐久性が増します。ウインタータイヤのローテンションは、8000キロ/10000キロ毎に行って下さい。

トレッドの確認

ウインタータイヤは、トレッドの深さが4mmの時に雪上で高いパフォーマンスを発揮します。法律により、ウインタータイヤのトレッドの深さは最低でも1.6mm必要です。

保管上の注意

使用しない間は、タイヤを空気を入れた状態で、タイヤ圧を調整した状態で保管して下さい。少なくとも床から10cm離した状態で、棚の一列に立てた状態で保管するのが最良のタイヤ保管方法です。

ウインタータイヤ

側面にM+S(Mud & Snow)のマークがあるもの、雪の結晶と山のシンボルがあるものがあります。

recognize winter tyres