マイレージ、ウェットグリップ、そして安定したパフォーマンス。タイヤに求められる性能に対する一つの回答として、ピレリは新しいスポーツツーリングタイヤ「ANGEL GT」を発表いたします。

ANGEL GTは、すでにドイツのモーターサイクル誌「Motorrad」のテストにおいて、スポーツツーリングセグメントに置いて最もマイレージに優れたタイヤとの評価を得ています。

また、各国のプレス関係者を招いた発表会では、イタリア Tarantoのドックに停泊しているイタリア海軍の空母「Cavour」の甲板上でのウェットテストや、ヨーロッパにおける代表的なテストコース「Nardo (ナルド)」でのハンドリングテストを行い、そのウェットグリップやグリップ、軽快なハンドリングを、各国のジャーナリストが思う存分味わいました。

このピレリスポーツツーリングタイヤの宝とも言うべきANGEL GTは、前作ANGEL STと比較し、30%もマイレージを向上させ、75km/hからのフルブレーキングでは制動距離を1mも縮める優れたブレーキング性能を発揮します。また、新しく採用されたコンパウンドとトレッドパターンにより、ウェット路面でのグリップとハンドリングも大幅に向上しています。

ピレリの研究開発チームは、センター部分は穏やかなカーブを描き、ショルダーに行くにしたがいRが小さくなる新たなプロファイルを採用しました。これにより、接地面形状はセンター部分で縦方向に6%短く、15%幅広くなります。縦方向の接地面を短くすることで、摩耗の原因となるタイヤ外部に加わる力と内部に加わる力の差が小さくなり、耐摩耗性に優れたタイヤとなりました。

また、ワールドスーパーバイクからフィードバックされたカーカスを採用。ANGEL ST と比較し60%も引張強度に優れたレーヨンカーカスが、優れた衝撃吸収性とコーナリング時のグリップを両立します。

*ANGEL GTの日本導入時期は未定です。