F1® TYRES

2021年のFormula 1® シーズンにおいて、ピレリは5種類のスリックコンパウンドを提供します。各レースで選択される3種類のコンパウンドは、P Zeroホワイト・ハード、P Zeroイエロー・ミディアム、P Zeroレッド・ソフトとして色で識別されます。また、各コンパウンドにはC1からC5までのコードが割り当てられます。C1が最も硬く、C5が最も軟らかい設定となっています。これらのコンパウンドは、昨年導入されたものと同じで、走行時の一貫性を高めるべく設計されています。今シーズンのタイヤには、強度と耐久性の向上に寄与する新型のタイヤ構造が導入され、これまでよりも低い内圧での走行を可能にしています。2021年型マシンのダウンフォースは、昨年に比較するとわずかに減少していますが、過去の経験が示すように、各チームは迅速に弱点を補うことができるので、2021年型マシンのパフォーマンスは、2020年型マシンに匹敵するものとなるでしょう。ピレリのタイヤレンジには、Cinturatoグリーン・インターミディエイトとCinturatoブルー・フルウェットの2種類のウェット用タイヤも含まれます。

全タイヤレンジ

スリックタイヤ

コンパウンド1を表すC1は、2021年型ピレリタイヤレンジ中で最も硬いタイヤです。高速コーナー、粗い路面、高温のコンディションなど、タイヤに高い負荷がかかるサーキット用に設計されています。ウォームアップに時間を要する反面、最大限の耐久性を提供し、デグラデーションレートは低くなります。

コンパウンド2を表すC2は、硬めながら非常に汎用的なコンパウンドです。C2も高速、高温、高負荷のサーキットで本領を発揮します。また、作動温度領域が広く、多様なサーキットに適応可能です。

コンパウンド3を表すC3は、性能と耐久性の絶妙なバランスを保ちながら、やや性能面に力点を置いています。タイヤに厳しいサーキットでの最も軟らかいコンパウンドとして、タイヤに厳しくないサーキットでは最も硬いコンパウンドとして使用できる特性を持っています。タイヤレンジ中で最も多く使用されるコンパウンドの一つです。

コンパウンド4を表すC4は、タイトでツイスティなサーキットに適しています。短時間でのウォームアップが可能でピーク時に高い性能を発揮する反面、タイヤのライフは限定的となります。一貫性が向上した今シーズンのコンパウンドは、より汎用的な使用が可能になり、耐オーバーヒート性能も向上しています。

コンパウンド5を表すC5は、ピレリ史上最速のコンパウンドとして知られる「ハイパーソフト」の性能を受け継ぐコンパウンドです。高いレベルのメカニカルグリップが求められるサーキットに適しています。卓越したスピードとアドヒージョンが得られる代わりに、タイヤレンジ中で最もライフが短いという特性を持っています。予選専用タイヤではありませんが、実際はそのように使用される機会が多くなっています。

ウエットタイヤ

INTERMEDIATEGREEN

インターミディエイトは、汎用性の高いレインタイヤで、水溜りが無い路面や、乾いていくトラックで使用可能です。時速300km走行時、毎秒30リッターの排水性能を発揮します。作動温度領域を拡大する設計によって、昨年のレースでもよく見られたように、スリックタイヤとフルウェットタイヤに対して、幅広いクロスオーバーポイントを提供します。


サイズ:

フロント: 305/675-13

リア: 405/675-13

INTERMEDIATEBLUE

フルウェットタイヤは、激しい雨のコンディションに適したタイヤです。時速300km走行時、毎秒85リッターの排水性能を発揮します。雨が激しく降る時は、グリップよりもむしろ視界が問題になります。耐アクアプレーニング性能を改善するプロファイル設計によって、大雨の際のグリップが向上しています。フルウェットタイヤの直径は、スリックタイヤよりも10mm長くなっています。


サイズ:

フロント: 305/680-13

リア: 405/680-13

沸き立つアドレナリン

BUILT TO RACE