タイヤテクノロジー

先進的な技術革新

ラジアル 構造

進行方向に対し90度で巻きつけられた1層(フロントタイヤの場合は2層)のカーカスコードと、 進行方向に対し0度で巻きつけられたスチール素材のベルトからなる構造。 スチールベルトは引張強度が非常に高く、遠心力によるタイヤの変形が抑えられるため、直進安定性が高い。 また、タイヤのダンピング性能が高く、衝撃吸収性に優れる。
+
トレッド
+
ビード
+
サイドウォール
+
90度カーカスプライ
+
ビードワイヤー
+
0度スチールベルト
radial_carcass

ラジアル クロスプライベルト構造

進行方向に対し90度で巻きつけられた1層のカーカスコードと、数層のベルトからなる構造(フロントタイヤの場合はカーカスコードが2層で、進行方向に対し斜めに数度の角度がつけられている)。 タイヤ全体がシンプルな構造のため軽くなり、コーナーリング時の安定性に優れ、遠心力による変形が抑えられるため直進安定性が高い
+
トレッド
+
ビード
+
ベルトプライ
+
カーカス
+
ビードフィラー
+
アンダートレッド
+
チューブレスインナーライナー
radial_cross_belted

ラジアル クロスプライベルト構造

進行方向に対し90度で巻きつけられた1層のカーカスコードと、数層のベルトからなる構造(フロントタイヤの場合はカーカスコードが2層で、進行方向に対し斜めに数度の角度がつけられている)。 タイヤ全体がシンプルな構造のため軽くなり、コーナーリング時の安定性に優れ、遠心力による変形が抑えられるため直進安定性が高い

ベルテッド バイアス構造

2層以上のカーカスコードに、主に繊維素材で作られたベルトを巻きつけた構造。カーカスコードは主にタイヤ剛性や耐荷重を決定付ける。 ベルトは遠心力でタイヤが変形するのを抑える役割を果たす
+
トレッド
+
ビード
+
ベルトプライ
+
サイドウォール
+
ビードワイヤー
+
カーカスプライ
bias_belted

バイアス 構造

2層以上のカーカスコード(ゴムでコーティングされた繊維)で形成された構造。 カーカスコードの貼り合わせ角度、繊維素材などは、求められるタイヤの特性により異なる。
+
トレッド
+
ビード
+
カーカスプライ
+
サイドウォール
+
ビードワイヤー
cross_ply

バイアス 構造

2層以上のカーカスコード(ゴムでコーティングされた繊維)で形成された構造。 カーカスコードの貼り合わせ角度、繊維素材などは、求められるタイヤの特性により異なる。

ピレリタイヤカタログ

ピレリタイヤ総合カタログには、ピレリタイヤについてのすべてが掲載されています。愛車にベストフィットするタイヤの紹介はもちろん、サイズの見方、詳細なテクニカルデータや保管方法など、あらゆる情報が網羅されている資料です。 なお、愛車にフィットするために最新のタイヤセレクションについては、このウェブページの「適合タイヤ検索」からオンラインデータベースを検索してください。 テクニカル・データブック(カタログ)<英文>をダウンロードする *本テクニカル・データブック(カタログ)には、日本での取り扱いのないモデルやサイズ、製品も掲載されております。予めご了承ください。
詳細を見る