5番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン、
インターミディエイト
– ウルトラソフトと繋ぐ1ストップ戦略で
雨とセーフティーカーの影響を受けたレースを制す

スタート時はウェットとインターミディエイトが混在
使用可能な全
5種類のコンパウンドが様々な戦略の中で用いられた

レース後半、路面が急速に改善し、
マリーナベイでのファステストラップが更新された

2017年9月17日、シンガポール

シンガポールグランプリ史上初めてのウェットレースとなった決勝では、スターティンググリッドのトップ6がインターミディエイトタイヤを装着し、7番手以降のグリッドではフルウェットとインターミディエイトが混在していました。
路面がウェット状態だったレース前半、セーフティーカー導入が2回発生し、数名のドライバーがフルウェットからインターミディエイトへ交換した中、レッドブルのダニエル・リカルドは、インターミディエイトからインターミディエイトへ交換しました。リカルドは、優勝したルイス・ハミルトンに続く2位でフィニッシュしました。
リスタート後、路面が徐々にドライになり、24周目、ハースのケビン・マグヌッセンとウィリアムズのフェリペ・マッサがスリックタイヤへ交換した最初のドライバーとなりました。ウェットタイヤとスリックタイヤのクロスオーバーポイントが訪れると、スーパーソフトへ交換したトロ・ロッソのカルロス・サインツ以外の全ての上位勢がウルトラソフトへ交換しました。サインツは、キャリアベストの4位でフィニッシュしました。ルノーのジョリオン・パーマーとマクラーレンのストッフェル・ヴァンドーンもFormula 1でのキャリアベストを更新しました。ハミルトンがウルトラソフトで計測した1分45秒008のファステストラップは、昨年のタイムを2秒以上短縮するものでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「このレース週末で初めて雨に見舞われたことから、スタート時点の状況は誰にとっても未知の領域でした。さらに、スタート直後のセーフティーカーによって戦略の不確実性は高まり、トラックの状況変化に如何に対応するかという点が戦略上の重要課題となりました。レース前半は、インターミディエイトが最適の選択だったと思いますが、路面の乾きが遅いトラック上でフルウェットも強力に性能を発揮していました。ドライになると路面の改善が急速に進み、見事な走りを見せたカルロス・サインツ以外のドライバーはウルトラソフトでフィニッシュしました」

コンパウンド毎のラップタイム上位:

ソフト スーパーソフト ウルトラソフト インターミディエイト フルウェット
エリクソン
2m02.843s
サインツ
1m46.537s
ハミルトン
1m45.008s
ハミルトン
1m58.469s
ヒュルケンベルグ
2m06.580s
- リカルド
1m45.301s
パーマー
2m00.177s
パーマー
2m07.583s
- ボッタス
1m45.405s
リカルド
2m00.246
ペレス
2m07.642s


最長スティント:

COMPOUND DRIVER LAPS
ソフト エリクソン 4
スーパーソフト サインツ 31
ウルトラソフト ストロール 32
インターミディエイト ハミルトン 29
フルウェット ウェーレイン 19


Truthometer:

ルイス・ハミルトンが、予測通りの1ストップ戦略で優勝しました。しかし、インターミディエイトでスタートし、29周目にウルトラソフトへ交換する戦略は想定外でした。2位でフィニッシュしたリカルドは、セーフティーカー導入周回中にインターミディエイトへ交換し、その後、ウルトラソフトへ交換しました。フルウェットでスタートしたドライバー中の最上位は、5位でフィニッシュしたフォース・インディアのセルジオ・ペレスでした。