ルイス・ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたレースを制す:
2ストップ戦略でセバスチャン・ベッテルを抑える

ウルトラソフトがスパでのデビューを飾ったレースで、
10が広範囲に渡る戦略を展開

ウルトラソフトの性能により、
ファステストラップは
2016年よりも5秒近く速く

2017年8月27日、スパ・フランコルシャン

メルセデスのルイス・ハミルトンが、Formula 1カレンダー中屈指のタイヤに厳しいサーキットで行われたベルギーグランプリを制しました。ハミルトンは、終盤にスプリントレースの様相を呈したレースで、セバスチャン・ベッテルを抑えて優勝しました。30周目に導入されたセーフティーカーが、ドライバーたちに「フリー」ピットストップの機会を与え、レースの流れを変えました。トップのハミルトンがソフトタイヤでファイナルスティントを走行したのに対し、ベッテルはウルトラソフトで走行しました。ウルトラソフトは、ソフトよりも理論上ラップあたり約1秒速い性能を示していました。セーフティーカーの導入前まで、ハミルトンとベッテルは、ともにウルトラソフト – ソフトと繋ぐ戦略を採り接戦を繰り広げていました。ベッテルは、ハミルトンよりも2周遅く最初のピットストップを行いました。
レッドブルのダニエル・リカルドは、1回目のピットストップでウルトラソフトからスーパーソフトへ交換し、セーフティーカー導入周回中にウルトラソフトへ交換する戦略を採り、表彰台を獲得しました。フォース・インディアの両ドライバーも第2スティントをスーパーソフトで走行しました。
ベッテルは、ウルトラソフトでファステストラップ – 驚異的な1分46秒577 – を記録しました。このタイムは、昨年ミディアムタイヤで計測されたファステストラップよりも5秒近く速いものでした。
レース週末序盤の不安定な天候を経て、44周で行われる決勝は、気温27℃、路面温度34℃の下でスタートし、最後までドライコンディションが継続しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「セーフティーカー導入がドライバーたちにフリーピットストップの機会を与え、レース終盤の摩耗とデグラデーションへの懸念を解消することになり、戦略に明らかな影響を及ぼしました。しかし、どのタイヤを選択するのかという戦略の決定事項は残っていました。このレース週末を通してそうであったように、上位勢のペースは拮抗していました。セーフティーカー導入が無ければ、スパでのデビューを飾ったウルトラソフトでスタートした上位勢は、年間屈指のタフなサーキットで1ストップ戦略を採ったと思います」

コンパウンド毎のラップタイム上位:

ソフト スーパーソフト ウルトラソフト
ハミルトン
1m 46.603s
ペレス
1m 48.300s
ベッテル
1m 46.577s
ボッタス
1m 47.721s
リカルド
1m 48.739s
リカルド
1m 47.549s
ベッテル
1m 48.917s
グロージャン
1m 49.087s
ライコネン
1m 47.730s

最長スティント:

COMPOUND DRIVER LAPS
ソフト パーマー 22
スーパーソフト ヴァンドーン、クビアト 18
ウルトラソフト サインツ 19

Truthometer:

ルイス・ハミルトンが、他のライバルたちと同様に30周目のセーフティーカー導入によるアドバンテージを得て、2ストップ戦略で優勝しました。ハミルトンは、12周目にウルトラソフトからソフトへ、2回目のピットストップで再度ソフトへ交換し、最終スティントをウルトラソフトで走行したベッテルとの接戦を制しました。