フェラーリ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で
ワンツーフィニッシュ

序盤のセーフティーカー導入がタイヤの摩耗とデグラデーションを軽減:
大半のドライバーが
1ストップを採用

今週、今シーズン2回目のインシーズンテストを予定:
2018年型タイヤ専用テストはメルセデスとともに実施

2017年7月30日、ブダペスト

ピレリがタイトルスポンサーを務めるハンガリーグランプリで、フェラーリがワンツーフィニッシュを達成し、セバスチャン・ベッテルが優勝しました。レースでは大半のドライバーが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を採りました。
路面温度が50℃を超えるコンディションとなりましたが、序盤の4周に渡るセーフティーカー導入周回が発生したこともあり、第1スティントにおけるタイヤの摩耗とデグラデーションは抑制され、1ストップ戦略が主流の展開となりました。
ソフトタイヤを選択したトロ・ロッソのダニール・クビアトとウィリアムズのリザーブドライバー、ポール・ディ・レスタ以外の全ドライバーが、ソフトよりもラップあたり1秒近く速いスーパーソフトを装着してスタートしました。
マクラーレンのフェルナンド・アロンソによるファステストラップは、昨年よりも約3秒速いものでした。
Formula 1チームはブダペストに留まり、多くの若手ドライバーを起用して今シーズン2回目のインシーズンテストに臨みます。テスト期間中、メルセデスの協力の下、ピレリの2018年型タイヤ開発プログラムの一環である1日のブラインドテストが実施されます。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「フェラーリが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。また、暑いコンディションの下、上位勢による完璧なタイヤマネジメントが見られました。序盤のセーフティーカー導入やオーバーテイクが難しいコースということもあり、大半のチームが1ストップを採用しました。サマーブレイクを前に、我々は今シーズン2回目のインシーズンテストに臨みます。テスト期間中の火曜日には、メルセデスとともに2018年型タイヤテストを実施します」

コンパウンド毎のラップタイム上位:

ソフト スーパーソフト
- アロンソ
1m 20.182s
クビアト
1m 21.631s
- ライコネン
1m 20.461s
エリクソン
1m 21.752s
- フェルスタッペン
1m 20.490s
フェルスタッペン
1m 22.041s

最長スティント:

COMPOUND DRIVER LAPS
ソフト エリクソン 62
スーパーソフト パーマー 46

Truthometer:

我々の予測通り、大半のドライバーがトラフィックのリスクを回避し、理論的にわずかに速い2ストップ戦略よりも1ストップ戦略を採用しました。スーパーソフトでスタートしたベッテルは、32周目にソフトへ交換しました。ザウバーの2台のみが2ストップを採用しました。