シルバーストンで注目の的となる 2014年7月9日、シルバーストン ピレリの新型18インチ・コンセプトタイヤが、シルバーストンで注目の的になりました。9日(水曜日)の午前、ロータスF1チームのリザーブドライバー、シャルル・ピックが駆るマシンとともに、18インチ・コンセプトタイヤはそのデビューを飾りました。 ピックは、午前9時過ぎ、新型18インチタイヤを装着した現行ロータスE22でコースに入り、シルバーストンサーキットで14周を走行しました。このコンセプトタイヤは、性能面よりも主に美観をデモするために設計された汎用性の高いコンパウンドとなっているため、ラップタイムではなく、これまでと全く異なる新しいデザインに対する反応を測ることに目的が置かれました。大半のオブザーバーから肯定的な反応が寄せられています。 ...>